人工血液で輸血する未来の医療とは

現在は血を輸血するには、善意ある人などからの献血により、輸血されるということもありますが、献血の光景が数十年後には無くなると言われています。

スコットランドの大学では、「人工血液」という物が開発中とのことで、現在でもその開発は順調に進んでいますから、2036年頃までには献血で血液を供給しなくても、血液が足りてない人が困ることも無くなるのだそうです。

すでに安定基準にも達していますし、イギリスでは2017年までに臨床試験を行うと発表しています。

さらに人工血液には、日本人が発表したiPS細胞が用いられているとのことで、赤血球を大量生成して、体内の環境に近い状態で培養されているため、実用に向けて
期待が高まっています。

https://www.youtube.com/watch?v=kU3lAoBaDq4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です