心筋梗塞の前兆を知り、対策しよう

心臓病は世界でも深刻な問題として取り上げられており、その中でも心筋梗塞には、1ヶ月前にある症状が起こるとされています。

心筋梗塞は心臓の動脈が硬化することにより、血栓が詰まってしまい、血液の流れが滞る病気ですが、心筋が壊れていき万一助かったとしても、壊死した筋肉や血管は回復することがありません。

心筋梗塞は迅速に対処しないと命にも関わる病気ですから、心筋梗塞になる前の前触れを見極めて早急に対処が必要であり、心筋梗塞を発生した8割もの人に兆候が見られたのだそうです。

まず、疲労感のある人は心臓に負担がかかっている可能性があり、胸の圧迫感や息切れ・動悸、背中の痺れや冷や汗、めまいなどを感じるという方はぜひ病院で検査しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です