難聴の最新医療

年齢とともに聴力が衰えたり大音量で音楽などを聴くことにより、難聴になることがありますが、再生医療で解決することができます。

難聴は耳の中の神経の衰えや神経細胞が死んでしまうことで起こるといわれていますが、このような難聴の治療に関しては既に臨床段階に入っており、改善できる兆しが見えており、そのメカニズムは細胞が死滅する前にタンパク質を与えることで細胞を再生させ、難聴の症状を改善させるというものです。

さらに難聴の新しい治療法としては様々な人口補聴器の開発も進められており、難聴治療の治療法の選択肢は多岐に渡っていると言えるでしょう。
また難聴に関しての検査方法も進化をしてきており、難聴の原因遺伝子が分かる「難聴遺伝子検査」は保険適用で受けられるため、気になる方は是非チェックしてみてください。

https://www.youtube.com/watch?v=3ezCMiTBihg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です