みまもりCUBE

ラムロックは2017年2月から、徘徊や離床を検知して通知を行なう画像認識による見守りカメラ「みまもりCUBE」の提供を開始する予定です。
玄関入り口やお部屋の入口に設置しておくことで認知症高齢者の徘徊を感知し、少し離れた所にいる家族に音声で徘徊を通知してくれます。

24時間稼働し続けるため認知症の方に1日中付き添う必要もなく、介護者の負担が軽減され、更に徘徊で行方不明になってしまったり事故に巻き込まれたりする危険性も減らすことが可能です。
万が一徘徊してしまった場合でもカメラ機能により、映像から徘徊時の服装や様子を確認できるので、早期発見にも繋がります。

介護保険適用可能な福祉用具に指定されるため、月額800円程度で利用でき、金銭的な負担も最小限で済むのが特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です