西洋医学と東洋医学の違い

西洋医学と東洋医学にはそれぞれ大きな違いがありますが、今回は診察・診断と処方についての違いに絞ってご紹介致します。

西洋医学というのは主に病院の医学を指しており、東洋医学は鍼灸や漢方などの自然療法を表しています。
西洋医学はまず病名を診断した後、その診断した病名に対して薬を処方するのが一般的です。
一方で東洋医学はというと、病名というものを付けずに症状に合わせた薬を処方することになります。

例えば癌によるお腹の痛みと風邪によるお腹の痛みの場合、西洋医学だと「癌」と「風邪」で全く違うお薬が処方されたり治療が行なわれますが、東洋医学では「お腹が痛い」という方に注目する為、どちらの場合でも全く同じ薬が処方されるというのは珍しくありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です