痛風から身を守るためには

昔は40代以上のお金持ちが罹る「贅沢病」と言われていた「痛風」ですが、年々その患者数が増加していて、30代以上の男性の3割は痛風予備軍とも言われていますから、現在痛風になっていなくても注意が必要です。

そして発症する患者の90%は男性という特徴があり、500万人もの人間がいつ発症してもおかしくない状態であり、近年では若年化の傾向が見られるので、若い人も関心を持っておきましょう。

血液中に尿酸値が多く含まれていることにより、前触れもなく足首や関節、または足の親指付近に激痛を感じるのです。

プリソ体は肉や魚をはじめとした多くの食材に含まれていますが、尿酸は肝臓で産出されて腎臓で排出されるので、食事制限よりも尿酸の排出機能について改善することが大切ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です