子供が風邪を引いた時の病院の決め方

お子様が風邪になったとき、どこの病院に連れて行ったらいいのか分からないという声が良く聞かれます。
基本は普段のかかりつけ医でいいのですが、症状に気になる事があるときやかかりつけ医が丁度休みだったりした場合、お子様の症状をよく見て小児科か耳鼻科に行くようにしましょう。

例えば鼻水は無いものの、咳が酷い場合やゼーゼーと呼吸をしている場合は、肺炎や気管支炎、気管支ぜんそくの可能性がありますので、この場合は小児科が最適です。
また怠そうにしていたり高熱が出ている場合も小児科に行くのがいいでしょう。

一方で鼻や喉、耳の症状が中心になっている場合は、耳鼻科への受診がおすすめです。
子供が風邪を引くと中耳炎になってしまいやすいので、耳のチェックも忘れないようにするだけでなく、乳幼児の場合は鼻水の症状が強いと呼吸・哺乳がしづらくなってしまうことも覚えておくと安心です。
耳鼻科では鼻水の吸引だけでも受診ができますので、中耳炎を予防する為にも耳鼻科に行き、処置をしてもらいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です