日本人が開発した新しい癌治療の方法とは

日本人により、画期的で新しい癌治療の方法が開発されましたが、その方法がとても素晴らしいと話題になっていますので紹介いたします。

その新しい治療方法では自体に無害な近赤外線の光を使用し、たった1日の治療で体内の4箇所にある癌細胞が消滅するという驚くべき物であり、すでにマウスでは成功しているのです。

近赤外線の光には、癌細胞を攻撃するための免疫システムを活性化させて癌を退治する物で、転移した癌にも有効とのことですから、健康的な細胞を傷つけることなく癌治療ができるのは嬉しいですね。

肺癌や甲状腺の癌、大腸癌を発症しているマウスにこれらの技術を使用した結果、全ての癌を消滅することができたのですから、人間への実用化が待ち遠しいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です