日本の医療用ロボット、世界で活躍へ

医療の高度な発展が進んでいますが、日本ではロボット技術を医療へ活かして患者さんへの支援が行われており、日本の医療用ロボットは世界でも大きな注目を集めていて、その中でも自立支援ロボットは世界で抜きん出ていると言われています。

ドイツでは、日本の医療ロボットの臨床実験が行われており、この歩行支援ロボットは肩と腰にあるモーターが人間の動作を補助して、歩くリズムに合わせることができますので、パーキンソン病患者や高齢者の歩行支援への活用が期待されています。

歩くことは人間にとって大切なことであり、脳を活性化させたり病気の進行を遅らせることにも繋がりますので、パーキンソン病患者の多い欧州で医療用ロボットを普及させることで効率的にリハビリができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です