前立腺がん治療

最近では、前立腺がん治療がロボットで出来るようになっているようです。
精密な技術で大きな傷をつけないようにできます。

実際患者様の手術をするロボットアーム、麻酔科の方たちが見る、ビジョンカート(モニター)、執刀医が操作するコンソール(手術の操作卓)を使って手術します。

前立腺がんは男性ホルモン依存性であり、体内の男性ホルモンを抑制させる内分泌療法が有効で、限局性前立腺がんの場合、放射線療法と手術療法が有効です。
がん細胞を身体から全て駆逐できる方法は、根治的前立腺全摘除術です。
開腹手術とロボット手術の違いとして、お腹に残る傷跡は開腹手術のほうが大きいですし、退院日時、術後の勃起不全、尿失禁がなくなるという大きな違いがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です