新制度により、日本の再生医療が世界をリードしている!

日本人がTPS細胞を作製してノーベル賞を受賞したため話題になっていましたが、日本は再生医療の分野に力を入れているため、海外をリードしているくらい技術が進歩していますが、新しい制度が作られることにより

再生医療が発展すれば、機能が失われた臓器や組織を治療して改善することができるようになり、現在では火傷の治療や膝軟骨の治療に再生医療の技術が使われているのです。

世界でも再生医療の産業規模が増加しており、再生医療の分野では様々な産業が関わってくると言われていて、今後の成長が見込まれていますよ。

制度が改正されたことにより、再生医療に関する認可が早くなるとのことですから、今後の実用化がやビジネス面での発展が期待されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です