脳梗塞の新しい治療とは

脳卒中は、日本人の死因第3位と言われているくらい身近な疾患ですが、発症することで後遺症で悩まされることがありますので治療が必要です。

脳卒中には幾つかの種類があり、その多くは脳の血管が詰まる脳梗塞が原因とされていて、次に脳の血管が破れる脳出血、コブが破れるくも膜下出血に分けられるのです。

脳梗塞では、脳の太い血管が動脈硬化するアテローム血栓性と、細い血管が詰まるラクナ梗塞、血栓が心臓から脳へと流れる震源性脳塞栓症などの種類があり、近年では救命率は高まっていますが、後遺症が残される可能性があるのです。

これまでの治療ではカテーテルによる治療が行われていましたが、新しい治療法として血栓を溶かす血栓溶解薬が認可されたことにより、投与による早期治療が可能になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です