パーキンソン症治療

パーキンソン病はドーパミンが十分に作れなくなる難病で、根本的な治療法がありません。

ドーパミンの薬を症状を和らげるために飲んでも効きすぎてしまい、ジスキネジアという症状に悩むということもあったのです。

従来、刺激電極を頭の骨の穴を開け、頭の中に刺し、電気刺激装置を身体の中に付けるというものでした。これでは、患者の身体の負担が大きすぎるということで踏み切れないでいた人も多かったそうです。

患者の身体の負担を少なくすることが出来ないだろうかということから生まれた、パーキンソン病の人の超音波治療の臨床試験をしたそうです。
試験をした結果、患者の身体が楽になり、こちらの治療法も選択肢になるようになったそうですよ。何年かして技術が確立され、治療できるようになるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です