脳卒中の治療法

脳卒中は、日本人の死亡率3位と下がっていますが、後遺症に悩まされる人は多いのです。
脳卒中には、脳の血管が詰まる脳梗塞、脳の血管が破れる脳内出血があります。脳梗塞では、酸素が運ばれず脳細胞が壊死してしまいます。脳内出血では、血の塊が脳を圧迫して脳の組織を破壊してしまうのです。どちらにしても遅れてしまうと命を落としかねないほか、深刻な後遺症が残ってしまうことになるのです。

脳卒中の治療はいくつかあって、外科的治療、内科的治療、血管内治療になっていて、患者の症状によって最適な治療をしていき、必要に応じて組み合わせて治療するのです。
リハビリもとても重要で、発症2-3日後からするといいようです、早期リハビリをすることによって、回復しやすくなるようです。

そもそも脳卒中にならないようにすることが大切なのです。
脳卒中にならないようにするには、生活習慣病を予防して高血圧を予防するといいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です