季節性うつ病

うつ病にもたくさんの種類があるのはご存知でしょうか。
新型うつ病、慢性的なうつ病、季節性うつ病等沢山あります。

季節性うつ病は冬に発症するのですが、発祥してしまう原因は日光に当たらなくなるからだそうですよ。人は日光にあたると、セロトニンと呼ばれる脳内ホルモンが分泌されます。セロトニンは幸福感や心の安定を与えてくれる作用があるのですが、秋冬になると日射量が減るため、その結果セロトニンが減少してしまい、心の安定が得られず季節性のうつ病になってしまうのです。

そのため、治療法は耳に光を当たるといいのです。耳の中に光を当てることで、ビタミンDが合成され、うつ病予防かつ治療法になるのです。光の部屋は1日1時間入らないといけないのですが、耳の中に光を1日8~12分当てるだけで9割型治癒されたという結果が出ているのです。

人は光や日に当たらないと気分障害や季節性うつ病を発症しかねません。耳に光を当てたりして、生活を楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です