糖尿病の最新の治療方法

以前までは、糖尿病治療としてインスリン治療が有効だったそうですが、インスリン治療では注射が必要で血糖値が下がりすぎてしまって、お腹が空いてしまい、食べたくなってしまうという悪循環があったりしたそうですよ。

今では、新しい治療法が開発されていて、食事療法や内服薬で治療ができるそうですよ。そのため、ドクターを変えることでインスリン治療をやめることも夢ではないそうです。体重もインスリン治療では増えてしまうですが、インスリン治療を辞めると減るそうですよ。インスリン治療をしないだけで、低血糖のリスクもとても減りますので、インスリン治療をお勧めしないのです。

インスリン治療をしていると、肥満や認知症、がんになってしまうというリスクが有り、なりたくないものになることが多いそうです。
糖尿病治療の際は、インスリン治療をしている方もインスリン治療ではなく、蛋白脂質食の療法に医師とともに切り替えてみてはいかがですか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です