国民皆保険制度について知ろう

現在、日本には国民皆保険制度があり、全ての国民が公的な医療保険に加入しているため、充実した医療を受けることができるようになっていますが、現代では自分や家族の体に何が起こるか分からないため、医療制度について知っておく必要があります。

こちらの保険制度は加入した人が保険料を支払うことにより、医療費を支え合っていいて、公務員や会社員、船員は被用者保険に加入し、自営業者と退職者などは国民健康保険に加入するのが一般的だそうです。

被用者保険では事業主との折半で支払い、国民健康保険では加入者が全額支払うという、ちょっとした違いがありますが、保険料を支払うことにより、医療機関を利用した際には、実際の治療費の一部のみ負担するだけで済むのでとても便利なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です