麻酔ってどんな物?

手術中には、痛みを感じさせないために麻酔を使用しますが、麻酔は具体的にどんな物なのかについてご紹介いたしますので、手術への不安を解消しましょう。

麻酔をかける目的は、手術中の患者さんの痛みを取り除いたり、体にかかるストレスから守ることなのです。

麻酔の種類は大まかに全身麻酔と局所麻酔の2種類があり、全身麻酔は手術中に意識が無く、どの部位の手術でも活用することができますが、局所麻酔は手術中に意識があり、主に腕や下半身の手術で使用されることがありますよ。

麻酔科医が患者さんの状態などから見極めて、もっとも適切な麻酔法を決定し、麻酔をかける前に心電図や血中酸素濃度や血圧を測ってから、腕に点滴を行って準備をするのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です