最新医療で肘の症状を確認する

肘を怪我してしまい、まずは触診でっどの程度のケガになっているのかを確認します。一通り症状を確認したところで、超音波診断装置で確認を行っていくことで、筋肉の繊維を確認していきます。

レントゲンとは違い、筋肉、靭帯、腱、神経なそ細部にわたるぶぶんまで映し出すことが出来る最新の機器を使用しケガを調べています。
ケガをしている右肘と健康な左肘を比べていますがビジュアルが全然違っていることがわかります。
この検査によってどの部分が違っているのかが明確になりました。

次に原因はどこにあるのかを確認しています。肘自体ではないところに原因があったりするそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です