遺伝子検査 ゲノム医療

ゲノム医療とはがん患者さんのがん細胞をとってきてがんの原因となる遺伝子を調べていきます。その遺伝子に対する薬を使用していくことがゲノム医療ということになります。

がんの遺伝子は正常な遺伝子が傷つき、変化が起きることによってがん細胞になります。これががん細胞を増殖させます。そこで近年では遺伝子変化を狙い打つ薬が誕生しました。より選択的にがん細胞を攻撃し、がん細胞の増殖を抑えます。

従来の抗がん剤治療は臓器別に選ばれていますが、使用してみないと効果が分かりづらいという側面がありました。また正常な遺伝子もこうげきしてしまいますので、副作用が重いといったこともありました。ゲノム医療は遺伝子の変化を狙いますので、有効性が確認しやすく副作用も軽減ができるといわれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です