風疹ってどんな病気?

今年は特に風疹という疾患が流行していて、妊婦さんなどに注意喚起がされていますが、そもそも風疹ってどんな病気だか知っていますか?

風疹ウイルスに感染することで症状が表れますが、基本的に感染者のクシャミや咳や会話などで空気中に1mから2mに飛び散ったウイルスを吸い込む事により飛沫感染するのです。

2週間から3週間の潜伏期間の後に、38度くらいの発熱や発疹が表れたり、リンパが腫れたり、喉の痛みや咳、目が充血するなどの症状が出るのだそうです。

発疹は顔から全身に広がり、リンパの腫れは後頭部や耳の後ろなどに目立って表れるそうです。

妊娠初期の妊婦さんに感染してしまうと、胎児に感染してしまい先天性の風疹症候群という病気になってしまうことが考えられるので、ワクチンを予防接種する事が大切ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です