尿路結石とはどんな疾患?

尿路結石とは名前の通り、腎臓から尿管や膀胱や尿道といった尿の通り道に、尿が結晶化した石と呼ばれる物が発生して様々な症状を引き起こすという疾患なのです。

石が発生した部位によって呼び方が異なっていて、基本的に腎臓で石が発生すると言われていますが痛みは少なく、尿の通り道へと下りていく際に下腹部などに強い痛みを感じるのだそうです。

この石によって尿をスムーズに流す事が難しくなるため、残尿感が残ったり血尿が出るなどの症状も考えられるのです。

日本人男性なら7人に一人、日本人女性なら15人に一人は尿路結石を経験すると言われていて、近年では若年化が進んでいるのだそうです。

食生活の欧米化が尿路結石の増加の原因と言われていて、患者の多くは肥満体型だと言われていますから、日頃の生活習慣から見直すと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です