糖尿病ってどういう病気?

糖尿病に罹ってしまったら、一体どんな症状を発症するのか知っていますか?

人間の血液には糖分が含まれていて血糖と呼ばれていますが、これは全身の細胞を活動的にするために必要なエネルギーなのです。

本来ならエネルギーとして使われるはずの血糖が、上手く使えなくなる疾患が糖尿病であり、使われない血糖が血管に増えてしまうと血糖値が高くなってしまうのです。

血糖値が高いだけだと、体はそこまで変化がないという事ですが、この状態が続く事によって合併症を発症し、別の病気に悩まされる事になるのだそうです。

糖尿病を放置していると、神経や血管が次第に傷ついてしまうので、最悪の場合は心筋梗塞や脳卒中など命に関わってくると言われていますので、医師の指導を守る事が大切ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です