医療への疑問や不安を感じたら「患者サポート窓口」を活用しよう

病気や怪我をした時に医師に診てもらうのは普通の事ですが、医師に上手く症状を伝えられなかったり、医師が患者から聞いた情報を正しく理解出来なかったりすると、患者が本当に望んでいる医療を受けることが出来ません。
じっくりと話を聞いてくれる医師ならいいのですが、医師にも様々なタイプがいますので、患者の話を簡単にしか聞いてくれない場合もあります。

患者側としてはちゃんと話を聞いてもらえなかった不満、更に本当にこの治療で大丈夫なのかという不安を感じる事は多いでしょう。
そうした時に是非利用したいのが、「患者サポート窓口」です。
これは国が診療報酬改定で新設した「患者サポート体制充実加算」により、院内に患者の精神的ケアを行なう窓口のことで、医療従事に必要な資格だけでなく、「医療対話推進者研修」を受けた医師や看護師がおり、患者の抱える不安、不満、疑問、全てに対応してくださいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です