一滴の血でガンを早期発見する最新技術

僅か1滴の血液を使って、3分以内でガンが診断出来る最先端技術が研究されています。
この技術は、血液中にあるガンとの関係がある物質が放つ光を捉えることで、ガンの有無を診断するそうです。
このガン診断の特徴は、従来の血液検査では発見が難しい初期のガンでも難なく発見できる点で、早期発見が重要ながん治療に適した方法と言えるでしょう。

実際にがん患者と良性腫瘍の患者にこの検査を行なってみた結果、がん患者の血液は発光し、良性腫瘍の患者の血液は発光しないというように、的確に患者全員のガンの有無を判別しました。
研究段階の技術ですが、実験での的中率は今のところ100%と言われており、将来的に非常に有望な技術である事は間違いありません。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です