肺がんの最新医療で命を守る

日本人の死亡原因第1位は肺がんであり、毎年7万人以上もの人が亡くなっているくらい重大な病になっていますので、命を守る方法を理解しておきましょう。

肺がんには、タバコに関係するものと関係しないものがあり、種類によって治療方法が異り、小細胞ガンは転移がしやすいので、抗ガン剤や放射線による治療を行う必要がありますが、それ以外の部位は早期治療ができ、開胸手術と胸腔鏡手術があります。

胸腔鏡手術は小さな穴を開けて治療しますので、傷口が小さいので体に優しく、術後の痛みも少なくて済みますよ。

最新の肺がん治療としては、レーザー療法や遺伝子療法、免疫療法など様々な治療方法が進歩していますから、肺がんの人は自分の体に合った方法を選んで治療しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です