高血圧ってどんな症状?

血液には血圧という物があり、高血圧や低血圧などの症状を発症する人もいますが、いったいどんな症状なのでしょうか?

そもそも血圧とは血液が動脈の血液壁を押す圧力の事であり、心臓が収縮する時が一番高くなり、弛緩した時に低くなるのですが、血圧は循環器系の疾患を調べる時に指標になるのです。

血圧は肉体的精神的な影響を常に受けていて変動しており、昼間は高くて睡眠時には低いと言われていますよ。

加齢とともに血圧は高くなるという事ですが、高血圧になると血管や心臓に負担がかかり、血管壁も硬くなっていくため動脈硬化に繋がる事が考えられるのです。

加齢の他に、塩分の過剰摂取や飲酒、喫煙やストレス、運動不足が高血圧の原因なのです。

高血圧は特に心疾患とも関係していると言われていますが、自覚症状もないのにサイレントキラーと呼ばれているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です