ウイルスと細菌は何が違う?

今年は世界的にウイルスが大流行していますが、そもそもウイルスと細菌はどう違うのでしょうか?

ウイルスも細菌もどちらも感染症を引き起こす病原体ですが、それぞれ肉眼では確認できませんがマイクロメールのサイズが異なっていて、人間の目鼻口などの粘膜から侵入して体内で感染症を発症するのです。

マスクはウイルスや細菌よりも編み目が大きい作りになっていますが、くしゃみなどで出る飛沫が周囲へ飛んで感染するのを防いでくれるのです。

細菌は基本的な構造として、細胞膜や細胞壁、核様体などが共通してあると言われていますが、ウイルスはタンパク質が核酸を覆っているという単純な構造になっているのです。

細菌は栄養と水分があると増殖できますが、ウイルスは細胞に寄生して増殖するのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です