ガンってどんな症状?どんな疾患?

癌は日本人の死因として最も多い疾患ですが、そもそも癌はどんな仕組みでどんな症状が出るのでしょうか?

人の体にある細胞は数十兆個あると言われていて、何度も分裂を繰り返していますが、その過程で細胞にエラーが生じたとしても修復できるという事ですが、それが上手くいかなくて癌細胞が生まれてしまう事もあるのです。

体内の免疫システムが癌細胞を排除しようとしますが、元は普通の細胞であり判別が難しいため、逃してしまう事もあるのです。

癌は全身どこにでも生まれる可能性があり、臓器だけでなく骨や血液や皮膚などにも発生する事もあるのです。

癌細胞が生じて増殖すると、発生した部分の細胞が正常に機能しなくなってしまうため、どの部位に癌が発生したかによって症状は異なるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です