水疱瘡ってどんな疾患?予防と治療の方法とは?

幼い頃に水疱瘡に罹った事がある方は多いかもしれませんが、具体的にどんな疾患なのか知っていますか?

水疱瘡は水痘帯状疱疹ウイルスによって発症する感染症であり、主に子供が感染する疾患ですが、潜伏期間は2週間程度あるため、その間に他の人へ感染させてしまう可能性があるのです。

水疱瘡のワクチンを打っていれば罹りにくいですから、罹った事のないお子さんは接種させて予防するのがオススメですし、感染後には高齢になって帯状疱疹になってしまう可能性があるため、高齢者もワクチンの定期接種で予防するのが効果的なのです。

感染してしまうと発熱の他に、赤い発疹や水疱が出きるため痒みを感じる事になるでしょう。

水疱瘡に感染したら抗ウイルス薬による治療を行い、水疱が治るとかさぶたになるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。