ワクチンで感染症を防げるメカニズムとは?

ワクチンを打つとどうして感染症を防げるのでしょうか?

そもそもワクチンとは感染症を引き起こす病原体を弱毒化したものであり、これを接種する事によって、体内で免疫を作ったり、感染症予防に繋がるのです。

ワクチン接種で予防できる感染症として有名なのはインフルエンザや風疹、水疱瘡や麻疹などがありますよ。

生後2ヶ月の赤ちゃんから子どもは、決められた期間内に定期接種すれば公費でワクチン接種が受けられますし、感染症予防が期待できるのです。

国内で流行していなくても海外で流行している場合もあるため、いつ国内に持ち込まれるか分かりませんからワクチン接種はしておくのがオススメですよ。

感染症にも色々と種類がありますので、罹ってしまう前に正しく予防しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。